2022-01

株取引

日経平均が1年2カ月ぶりの安値水準になったので「タマホーム」の株を購入してみた

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット、彼の投資アイデアや手法が書かれた「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」の本に、株の絶好の買い時について書かれていた。 悪材料減少には次の4つのタイプがある。・相場全体の調整や暴落・...
株の勉強

将来の株主資本(BPS)を予想して現在の株価が割安か割高かを判断する方法

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットは、株価が割安か割高かどうかを判断するためにどのようにしているのだろうか? 「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」の本で、将来の株主資本(BPS)を予想して現在の株価が割安か割高かを...
株の勉強

バフェットに学ぶ「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業の4つのタイプとは

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットは、企業分析をする際に「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業と「コモディティ型」企業に分けた。 「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業とは、ブランド価値の高い企業...
株の勉強

バフェットに学ぶ「消費者独占型」企業を見分けることができる8つの基準とは

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットは、企業には2つのタイプが存在していると言っている。そのタイプとは「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業と「コモディティ型」企業だ。 そして株式投資で成功するためには「消費者...
株評価

2020年に購入した株の成績を確認してみた(2022年のはじめ)

僕が2021年に取引した株の成績は11%(配当金のリターンは除く)であった。この成績は、日本株のインデックスファンドとほぼ同等で、アメリカや全世界株のインデックスファンドの成績には遠く及ぼないものであった。 では、僕が2...
株評価

2021年に購入した株の成績を確認してみた(2022年のはじめ)

僕の2021年の株式取引履歴は、46銘柄を購入し1銘柄を売却であった。 ちなみに売却した銘柄はニチリンだ。売却理由も、株式併合により僕の持ち株は単元未満株となってしまい強制的に売却となってしまったものだ。そういう意味では...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました