「バビロン大富豪の教え」の黄金に愛される7つの道具

ビジネス書、経済・経営ビジネス書、経済・経営

前回の記事で「バビロン大富豪の教え」からどのような人をお金持ちと言うのか、お金持ちの定義について紹介した。

お金持ちとは「お金をたくさん持っている人」でなく「お金の増やし方を知っている人」のことだ。

では、どうすればお金を増やす方法を知ることが出来るのか?今日はその方法を「バビロン大富豪の教え」に書かれている「黄金に愛される7つの道具」をもとに紹介したい。

黄金に愛される7つの道具

お金持ちになるためには、お金を増やす方法を知らなければならない。その方法を「バビロン大富豪の教え」では「黄金に愛される7つの道具」として紹介している。

<黄金に愛される7つの道具>

1.収入の10分の1を貯金せよ

2.欲望に優先順位をつけよ

3.蓄えた金に働けせよ

4.危険や天敵から金を堅守せよ

5.より良きところに住め

6.今日から未来の生活に備えよ

7.自分こそを最大の資本にせよ

「バビロン大富豪の教え」より引用

この「黄金に愛される7つの道具」は、お金を増やし方の基本的な指針であると僕は考えている。とくに僕は「1.収入の10分の1を貯金せよ」「3.蓄えた金に働けせよ」が7つの道具の中で最も重要だと考えており、この指針を守るようにして生活してお金を増やしてきた。

なので、今日はその内容を紹介し感想を述べてみたい。

収入の10分の1を貯金せよ

どうすれば自分の財布を膨らますことが出来るのか?「バビロン大富豪の教え」ではとても簡単に答えを出している。その答えが「収入の10分の1を貯金せよ」である。

収入の10分の1を貯金すれば、自分の財布は必ず膨らんでいくだろう。でも問題がある。その問題とは、お金が無いと言っている人のほとんどが「10分の1を貯金するなんて無理だ」と答えるからだ。

けれども「バビロン大富豪の教え」は、そのように回答する人を以下のように切り捨てている。

人間の欲望というものはどれだけお金を使おうが際限なく溢れ出るものなのだよ。人間の欲望には際限がない…。だからこの中に収入がいい者も悪い者もいるはずなのに皆一様にお金を使い切ってしまうのだ。

「バビロン大富豪の教え」より引用

収入が高かろうか低かろうが、人間というのはお金はあるだけ使ってしまうものなのだ。そして、多くの人がお金がないと嘆く。

人間の欲望は本当に際限がない。だからこそ「バビロン大富豪の教え」では、はじめに「10分の1は貯金に回せ」と説いている。収入の全部を使うのでなく「10分の9しか使わない」と決めて生活してくいくことが、お金持ちになるための第一歩となるのだ。

蓄えた金に働けせよ

お金持ちとは「お金をたくさん持っている人」でなく「お金の増やし方を知っている人」のことだ。

お金持ちになりたければ「定期的にお金が入ってくる仕組み」を築かなければならない。その仕組みこそが本当の財産であり、その財産に「蓄えた金」を投資するのだ。

それが「バビロン大富豪の教え」にお金持ちになる方法なのだ。

では、本当の財産である「定期的にお金が入ってくる仕組み」とはどういうものなのか?どういうものに投資すれば良いのか?

その指針となるのが『黄金に愛される7つの道具』をさらに昇華させた『「お金」と「幸せ」を生み出す5つの黄金法則』である。

今日はここまでにして、次回の記事で『「お金」と「幸せ」を生み出す5つの黄金法則』について書いてみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました