自分で考えるのは面倒くさい?頭の良い人の考え方とは、「ドラゴン桜」のススメ

漫画を読む人漫画

前回、「ドラゴン桜」より「受験に合格するタイプと落ちるタイプの普段の行動の違い」を紹介した。

今回は「自分で考えるのは面倒くさい?頭の良い人の考え方」というものを紹介したい。

頭の良い人の考え方

東大に入る人とは、頭の良い人とは、そもそもどういう考え方をするのだろうか?「ドラゴン桜」では、それを知るために以下の心理テストを実施している。

目の前に”川”がある

川幅は約20メートル
流れは遅く深さは最大で腰のやや下ぐらいまでだが
上流にも下流にも橋は見当たらない

むこう岸にどうしても渡りたい…

「ドラゴン桜」12巻より引用

あなたはむこう岸にどうしても渡りたい。どのように渡るのが良い方法なのだろうか?この回答が頭の良い人と悪い人で差が出る。

大体の人は「濡れるのは嫌だけど靴を脱いで川の中を歩いて渡る」と答える。なぜなら「濡れずに川を渡るにはどうしたら良いのか?」そうした情報を探すのが面倒くさいと感じるからだ。

だが、東大生の大半は「自分だったら濡れずに楽に渡れる方法を探す」と答える。橋がなくても渡り船があるかもしれない、周囲に住む人に尋ねたら何か良い方法があるかも知れないと考えるのだ。

頭の良い人は、濡れるリスクを冒して川に入って自力で渡ることの方が面倒くさいと感じている。なぜなら「頭とは、自分の力を極力使わずに楽をさせるために働かせるもの」と考えているからだ。

自分で新たに考えることは面倒くさい

「ドラゴン桜」で、ある教師に特進クラスの指導方針を提出して欲しいとお願いをしている場面があった。

その教師は、自分で考えて指導方針を作ろうとしていた。指導方針を作る上で指導法などをいろいろ調べたりするのが面倒くさいし、それよりも自分の経験をもとにして考えた方が良く、そして効率的だと考えていたのだ。

そういった場合、東大を出た人の考え方・やり方は違うと「ドラゴン桜」では述べている。

彼らは…
自分で考えるのが面倒臭いのだ

だから人がすでに考えていて効果のあるものを探し、それを利用した方が楽で効率的だと考えるのだ

「ドラゴン桜」12巻より引用

頭の良い人は何か物事を始める時にはどうするのか?もとからある優れたものを利用しようと考える。そして、調べることからまずは始めるのだ。

何か物事を始める時に、自分の頭で考えることから始めようとする人がいる。だが、全然先に進まず時間だけ無駄に喰って、いつまでも形が見えてこないということは多々ある。

そういう時は、頭の良い人を見習って「もとからある優れたものを利用しよう」と考えた方が良いのではないだろうか。その方が、結局は効率よく出来るのだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました