お金を貯めない勇気を持っているかい?

壊れた貯金箱 お金

未来に漠然とした不安を持っていないかい?

どっかの財団が少し前に実施した日本人の意識調査では、日本の未来について「悪くなる」と答えた人の割合がもっとも多いという結果が出ていた。

日本の未来に不安を感じながら、ほとんどの人は日本で仕事をして給料を貰っている。日本円の給料をね。

そして、給料の一部を銀行に貯金し、日本円の残高をコツコツ増やす。そういう毎日を過ごしている人は多いと思う。

それって、将来ゴミになるかもしれないものを頑張って集めている気がしないかい?

日本の未来に不安を感じながら、日本銀行が発行するお金を稼いで貯める努力をする。その努力って、報われない努力のような気がしないかい?

お金持ちはお金を捨てる

「貧乏人はお金を貯める努力をし、お金持ちはお金を捨てる努力をする」ってことを聞いたことないかい?

人が生きていくためには、お金が必要だ。だが、お金持ちは必要以上のお金を持つことを嫌う。

ある資産家は、お金が入るとそれを金(ゴールド)や銀、株・不動産・債券に交換している。決して、銀行に(必要以上の)お金を預けるということはしない。

その資産家は、お金は時間が過ぎれば過ぎるほど価値がなくなっていくものだということを理解しており、お金を貯めることはせず価値があるものに交換することを良しとしているのだ。

でも、一般的な人はお金を貯めようとする。時間が過ぎれば過ぎるほど価値がなくなっていくものを貯めて、未来に夢や希望を持つことは難しい気がしないかい?

特に未来に絶望している国のお金を頑張って貯めている場合はね。

未来に希望を持つには

もし日本の未来について絶望しているなら、日本を出ていくことを考えるべきだ。

でも、僕は日本を出て働くほどのスキルもないし、また日本の未来は絶望するほど暗くないと思っている。

ただし、日本円に関しては時間が経つたびにどんどん価値が下がっていくものだと考えている。

なので、日本で働き日本円を稼ぐ限り、お金を貯めることはせずに価値があるものをどんどん購入しようと思っている。

それでも未来に漠然とした不安は消えることはないだろう。だって、価値があるであろうものを買ったとしても暴落することはありうるのだから。

でも、日本の未来に不安を感じながら、時間が過ぎれば過ぎるほど価値がなくなっていくお金を貯めていくことよりかはマシなんじゃないかな。

お金を貯めず価値があるものを購入していくスタイルのほうが、未来に夢や希望を持つことが出来るような気がしないかい?

コメント

タイトルとURLをコピーしました