お金に困らない豊かな老後を過ごせるように、給料・アルバイト代の使い方を教えてくれる本

お金のイメージ お金

将来、お金に困りたくない。豊かな老後を過ごしたい。

そのためには、自分で稼いだ給料・アルバイト代をどのように使えば良いの?

自分で稼いだお金をどうのように使えば、将来お金に困らないのか。

それを知りたければ「金持ち父さん 貧乏父さん」を読むべきだ。

僕もこの本を読んで「お金をどのように使えば、将来お金に困らない生活がおくれるのか」を学んだよ。

「金持ち父さん 貧乏父さん」とは

「金持ち父さん 貧乏父さん」とは、アメリカの著名な投資家・実業家であるロバート・キヨサキが書いた本だ。

この本には「お金をどのように使えば、お金持ちになれるのか。また、お金に困ることない生活が送れるのか」が書かれているよ。

「金持ち父さん 貧乏父さん」とは、アメリカの投資家で実業家でもあるロバート・キヨサキが書いた本だ。ロバート・キヨサキが書いた「金持ち父さん 貧乏父さん」は、『金持ち父さん』シリーズとして10数種類ほど出版されている。

そして『金持ち父さん』シリーズは、日本で累計300万部、全世界では累計2800万部の売り上げを突破している。

「金持ち父さん 貧乏父さん」の内容

この本の内容は、ロバート・キヨサキの二人の「父親」。一人はハワイ一の金持ちになり、もう一人は一生お金に苦労し続けた。その二人の父親からロバート・キヨサキが学んだ「お金とは何のか」「どうすればお金に困らないようになれるのか」が書かれている。

将来お金に困りたくない人や、豊かな老後を過ごしたいと考えている人。毎日、一生懸命に働いてお金を稼いでいても、お金に関する不安が消えない人。

子供が将来お金に困ることのないように、お金について勉強させたい人は、一度は読んでおいたほうが良い本である。

「第2の教え お金の流れの読み方を学ぶ」を読め

自分で稼いだお金をどうのに使えば、お金持ちになれるのか。また、お金に困ることない生活が送れるのか。

 

それを知るには「金持ち父さん 貧乏父さん」の『第2の教え お金の流れの読み方を学ぶ』の箇所を読めば良いよ。

「金持ち父さん 貧乏父さん」は、教えの書(第1~第6の教え)、実践の書(実践その1~その3)、エピローグで構成されている。その中で、将来お金に困らないようにするために、自分で稼いだお金をどのように使えば良いのか。

その答えは、『第2の教え お金の流れの読み方を学ぶ』の箇所に書かれている。

資産と負債の違いを知れ

『第2の教え お金の流れの読み方を学ぶ』の箇所に、お金持ちになるには資産と負債の違いを知ることが重要だと書かれている。この本で言う資産と負債というのは、一般的に言われている資産と負債とは違う。

この本では資産と負債とは、

  • 資産とは、自分のポケットにお金を入れてくれるもの
  • 負債とは、自分のポケットからお金をとっていくもの

と、定義している。

そして、ロバート・キヨサキは金持ちになりたければ資産を手に入れることに集中しろと言っている。

どれだけの資産を手に入れれば良いのか

ロバート・キヨサキは、金持ちになりたければ資産を手に入れろと言っているが、どのくらい資産を手に入れればお金に困らないと言えるのだろうか。

その答えは「資産から生み出される収入が毎月に支出よりも多くなるまで」だ。

なぜなら、それだけの資産を手に入れることが出来れば、お金に困らない状態と言えるからだ。このことをロバート・キヨサキは、バックミンスター・フラーの富の考えをもとに『第2の教え お金の流れの読み方を学ぶ』の箇所で、以下のように記載している。

フラーの考える富というのは、

富というのはあと何日間その人が生き残ることができるか、つまり、今日仕事をやめたとしても、あとどれくらい生きていけるか、その能力を指す。

「金持ち父さん 貧乏父さん」より

そのことについてロバート・キヨサキは、以下のように言っている。

資産と負債の差が純資産だが、そのもととなる資産には、高価だが本当には価値のないものや、本人にとって価値があるだけで実際は安物だというものも含まれていることがよくある。

この「純資産」を富の基準として採用せず、フラーの考え方に従うと、正確で現実に即した判定をすることができる。

実際、この考え方を採用すれば、他人に依存することなく経済的に自立した状態を確立するという目標に自分がどれくらい近づいているのかが正確に測れる。

「金持ち父さん 貧乏父さん」より

フラーの定義に沿って、あなたはどれくらいの富があるだろうか?もし、今日あなたが仕事を辞めたとして、あなたは何日生き延びられるのだろうか?

もし、あなたの資産から月10万の収入(お金が入ってくる)があり、月の20万の支出(お金が出ていく)があるなら、あなたは月の半分を生きれる富を持っていると言える。

ロバート・キヨサキは、これを月の支出を越えるだけの資産を手に入れれば、お金は無限に増えていき、お金に困ることはないと言っている。

働いて収入を増やせばお金の問題は解決するのか?

収入が増えても、お金の使い方を知らなければ、将来お金に困る生活になるよ。

資産(自分のポケットにお金をいれてくれるもの)を手にしなくても、働いて収入を増やせば、お金に困らない豊かな老後を過ごせるのではとあなたは思うかもしれない。しかし、ロバート・キヨサキはお金の使い方を知らなければ、あなたが働いてたくさんの収入を得たとしても、お金に困る生活になると言っている。

例えば、あなたの労働収入が3割アップしたとしよう。あなたは収入が増えたことを喜び、家や車・洋服・時計を購入する。ここで買った、家や車、洋服、時計はロバート・キヨサキの言う資産(自分のポケットにお金をいれてくれるもの)ではない。

特に家や車は、ロバート・キヨサキの言う負債(自分のポケットからお金をとっていくもの)である。でも、あなたは家や車を資産と思い込んで、もし労働収入が減ったり、無くなったりしてお金が入ってこなくなったら、家や車・洋服・時計を売れば良いと考えるだろう。

けれども、そういった物は「高価だったが本当には価値のないものや、本人にとって価値があるだけで実際は安物」だということが多々ある。あなたが資産だったと思っていたものは、実は安物のガラクタだったいう訳だ。

だから、将来お金に困らないようにするため「お金をどう使うか」「お金を稼いだあとどうするのか」を知る必要がある。

何の資産を購入すれば良いのか?

何の資産を購入すれば良いのか?

 

僕がお勧めするのは、株式市場に連動するインデックスファンドかETFだ。この資産のすごさは「ウォール街のランダム・ウォーカー」を読めば理解できるよ。

「ウォール街のランダム・ウォーカー」とは

この本は、経済学博士でもあり、世界的な投信会社バンガード・グループなどの社外重役として活躍しているバートン・マルキールが書いた本である。

この本では、株価は長期的には上昇する可能性の方が高い。そのことを前提として、株式市場に投資するならコストの安いインデックスファンドへの投資が最良であることを語っている。

『第15章 ウォール街に打ち勝つための三つのアプローチ』を読め

株式市場に連動するインデックスファンドは、過去80年間で年平均10%以上のリターンを生み出しているよ!

株式市場に連動するインデックスファンド、ETFの素晴らしさは「ウォール街のランダム・ウォーカー」の『第15章 ウォール街に打ち勝つための三つのアプローチ』の箇所に記載されている。

株式市場に連動するインデックスファンド・ETFへの投資は、リスクが少なく多大なリターンを上げる可能性が高い投資方法だ。

例えば、あなたがアメリカの市場である「S&P500」や「ウィルシャー5000(ニューヨーク証券取引所をはじめ、アメリカン証券取引所、ナスダックに上場されているアメリカ株式のほとんどがふくまれているもの)」に連動するインデックスファンドを購入したとする。

この場合、過去80年間の結果を見ると短期的にはマイナスリターンになった年もあるだろうが、最終的には年平均10%以上のリターンを生み出すことになった。

S&P500指数のチャート

株式投資には、株式市場に連動したインデックスファンドやETFを買う以外に、個別株やアクティブファンドを買う方法がある。ただし、この本では最終的には個別株やアクティブファンドのリターンは、株式市場に連動したインデックスファンドやETFには敵わないと書かれている。

その理由は、コストや手数料の差の問題が大きいためである。

市場インデックス・ファンドは効率的市場理論から生まれたものだ。

しかし、市場が必ずしも効率的でなくても、インデックス・ファンドに投資するアプローチは有効である。というのは、市場に存在するすべての株式は誰かが保有しているわけで、全投資家をひっくるめて考えた時のリターンは市場平均リターンでしかありえない。

そしてインデックス・ファンドはその平均を最小のコストで実現するのだ。一方、積極運用されるファンドの粗リターンの平均もやはり市場平均リターンになるが、そのコストは平均すると1%になる。

したがって、積極運用ファンド全体のコスト差し引き後のリターンは、必ず市場平均をコスト分下回ることになるのだ。

「ウォール街のランダム・ウォーカー」より

このことから、株式投資する際は、株式市場に連動したコストの安いインデックスファンドやETFに投資するべきである。しかも、この投資方法はとても手軽だ。

あなたはとても仕事に忙しく、株式市場を毎日ウオッチしていられないとする。けれでも、この投資方法ではインデックスファンドに申し込みさえすれば、あとは何もすることはない。1年で5分も時間が取られることはないだろう。

あとは、時間を掛けて年平均10%以上のリターンを享受すれば良いだけだ。

3万円を30年間で年10%リターンで積立投資した場合

どのインデックスファインドを購入すれば良いのか?

株式市場に連動したインデックスファンドは、この世の中にたくさんある。その中で、どのインデックスファンドを購入すれば良いのか。

その答えは「ウォール街のランダム・ウォーカー」の『第15章 ウォール街に打ち勝つための三つのアプローチ』の箇所に、どの株式市場に連動したインデックスファンドやETFを購入したら良いか記載されている。

その中の1部を紹介すると、

  • バンガード・トータル・ストック・マーケット
  • iシェアーズ MSCI 先進国

がある。

他にも、この本では様々な株式市場に連動したコストの安いインデックスファンドやETFが紹介されている。

気になる方は、立ち読みでも良いので一読しておくことをお勧めする。

まとめ

将来、お金に困りたくない。豊かな老後を過ごしたい。そう考える人は、お金の使い方を学ぶべきである。

 

お金の使い方については「金持ち父さん 貧乏父さん」の『第2の教え お金の流れの読み方を学ぶ』の箇所を読めば良いよ。

将来お金に困りたくない人や、豊かな老後を過ごしたいと考えている人。毎日、一生懸命に働いてお金を稼いでいても、お金に関する不安が消えない人は、お金の使い方を学ぶ出来である。

具体的には、自分で稼いだお金は、資産(自分のポケットにお金をいれてくれるもの)を買うことに集中すべきだ。そして、僕がお勧めする資産(自分のポケットにお金をいれてくれるもの)は、株式市場に連動したコストの安いインデックスファンドやETFだ。

なぜ、これを勧めるのかは「ウォール街のランダム・ウォーカー」の『第15章 ウォール街に打ち勝つための三つのアプローチ』の箇所に記載されている。

この資産は、過去80年間で年平均10%以上のリターンを生み出している。

この資産を積立ながら長期で運用すれば、あなたは将来お金に困ることのない、豊かな老後を過ごせるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました