お金を正しく使えてるかい?

お金のイメージ お金

「お金の使い方を見ていれば、その人を知ることが出来る」どこかの銀行員がそんなことを言っていたような気がする。

確かに自分で稼いだお金を無計画に散財し何も考えず借金までして、また散財する。こんな人を見ていて「素晴らしい人間だ、ぜひ教えを乞いたい」と思うことはない。遠くから見ている分には面白い人だとは思うけどね。

お金というのは、年齢や性別、頭の良し悪しに関わらずに生きていく上で使用しなければならない道具だ。

でも、お金の正しい使い方というのを学校で学んだことはない。お金の使い方を学ぶことはとても重要なことだと思うけど、本当に大事なことを学校では教えてくれないという。もしかしたら、「無計画に散財し何も考えず借金して、また散財する」というのが正しいお金の使い方かもしれない。金は天下の周りものなんでね。

お金の正しい使い方とは

お金が正しく使えているというのは、僕はお金に困ることのない状態だと思っている。だって、毎月クレジットの支払いがカツカツで電気・ガス・水道代すら払えない人が「私はお金を正しく使えています」と言われても説得力ないしね。なので、お金に困らない状態の人というのは、お金を正しく使えてるんじゃないかな。

じゃ、お金に困らない状態というのは、ある資産家は「不労所得から生活費を引いても生活できる」状態だと言っていた。

毎月不労所得が20万円で、生活費が15万円の状態ならそれはお金に困らない状態だと。だって、毎月何もしなくても5万円のお釣りがある生活だからね。そのお釣りで贅沢品を購入しても旅行に行っても良い。新たな不労所得を得るために投資に回しても良い。そしたら、不労所得が25万になり、30万に増えてさらに贅沢な生活が出来るだろう。まさに、現在社会の錬金術というわけだ。

また、この投資家は、お金に困らない状態というのは働いて得る収入は関係ないと言っていた。働いて得る月収が10万だろうが50万だろうが、そんなのはどうでも良い。不労所得が大事だと。だって、毎月50万の労働収入がある状態でも、もしアクシデントで働けない状態になったら、すぐにお金に困るだろう。一部上場企業の高給取りがリストラにあって、貧乏になる話なんて最近じゃ当たり前のように聞くしね。

稼いだお金の使い方

血と汗を流しながら働いて得たお金はどう使くべきか?「無駄な出費をせずに、余ったお金で不労所得を得るものに使う」これが、答えだと僕は思う。「欲しがりません勝つまでは」って感じかな。

堪え難きを堪え、忍び難きを忍ぶ時代が終えて、もし、不労所得が生活費を上回る日々が来たなら。それには相当長い年月がかかると思うが、世界が少し変わる気がしないかい。

いつか、僕の周りにこのようなお金の使い方をして不労所得で生活できるようになった人がいれば、教えを乞いたいと思う。でも、まったく面白くない人のような気がするけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました