絶対にお金を減らしたくないなら「国債」を買え、「はじめての人のための3000円投資生活」の感想

本棚の画像株の本

前回の記事で、「はじめての人のための3000円投資生活」の本で紹介されている内容で「不動産投資」について記載した。

今回は、「絶対にお金を減らしたくない」という人はどのような商品を購入するべきなのかを書いてみたい。

個人向け国債を買え

投資に興味があっても、絶対にお金を減らしたくないという人はいるだろう。

そういう人はどのような商品を購入するべきなのか?「はじめての人のための3000円投資生活」では個人向け国債を購入することをオススメしている。

個人向け国債には、以下の3種類が存在している。

  • 固定金利型3年満期:購入時の金利が3年間固定される。
  • 固定金利型5年満期:購入時の金利が5年間固定される。
  • 変動金利型10年満期:金利が半年ごとに見直される。

この3種類の中で「はじめての人のための3000円投資生活」では、半年ごとに金利が見直される「変動金利型10年満期」の購入をオススメしている。

国債の魅力

国債の最大の魅力は「安全性の高さ」だ。日本政府が発行している債権のなので国が元本・利子を保証してくれている。

地方が発行している債権「地方債」は地方が破綻したら元本は保証されない、会社が発行している債権「社債」は会社が破産したら元本は保証されない。そう考えると国債の安全性の高さは突出しており、絶対にお金を減らしたなくない人には打って付けの商品だろう。

国債のデメリット

国債の魅力は「安全性の高さ」だ。だが、現時点で国債のデメリットは金利の低さだろう。「はじめての人のための3000円投資生活」でオススメされている「変動金利型10年満期」の金利は、2021/01/08時点で0.05%だ。

僕はこの金利の低さを理由に「変動金利型10年満期」の個人向け国債は購入せずに、元本を減らしたり・失うリスク込みで株式投資にお金をつぎ込んでいる。

もし金利が年5%を超える「変動金利型10年満期」の個人向け国債があるならば、僕は元本を減らしたり・失うリスクの高い株式投資にお金をつぎ込むことはないだろう。そして、資産の大部分を個人向け国債に移すだろう。

でも、金利が5%を超える「変動金利型10年満期」の個人向け国債が販売される日は僕が生きている間に来るのだろうか?多分、来ないような気がしてならないと思ってしまう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました