希望を持って生きているかい?

女性が空に向かって両手を広げている

子供の頃は良かった。過去を悔やむ事もない、未来を心配する事もない。ただ、その日、その瞬間が新鮮でちょっとした事で笑っていた気がする。

幼稚園に通うようになった子供を見ていると本当にそう思う。

それに加えて大人になった僕は、今日という日が何事もなく平凡に終わること願って生きている。

そして、未来に絶望しながら生きている。大人になるというのは、悲しいけど辛いものだ。

笑顔のないサラリーマン

サラリーマンになって、笑うことが少なくなったと思わないかい?

だって、通勤電車に乗っているほとんどのサラリーマンに笑顔はないだろう。

僕も、会社にスキップしながら行けるほど仕事が好きではない。今日も大きなトラブルなく平凡に終わることを願いながら仕事をしているだけだ。あと、何十年もこんなことを続ける絶望感を感じながらね。

たぶん僕は、仕事で承認欲求が満たされることがないのだろう。だって、僕は会社にとって簡単に替えのきく部品なのだから。

そんな簡単に替えのきく消耗品に対して、感謝したりすることはあるかい?存在を認めたりしたことはあるのかい?

不労所得を得る

絶望しながら仕事しているサラリーマンが、この世の中をどのように生きて行けば良いのか?

世の中にはそんなサラリーマンが非常に多いみたいで、どのように生きてい行けば良いのかネットや本で調べればたくさんの答えが用意されていた。

僕が選んだ答えは、サラリーマンしながら不労所得を得るというものだった。

サラリーマンが不労所得を得るには、株・不動産投資が特に良いみたいだ。

「サラリーマンが株で〇億円を稼ぐ」「サラリーマンが家賃年収〇千万円を達成した不動産投資」なんてブログや本は世の中には掃いて捨てるほどあるだろう。

希望を持って生きる

僕は今、給料が入ったらその一部で株式投資を行っている。

株式投資は良いよね。投資した会社は株主価値を向上させるために懸命に働いてくれる。僕が、今日も大きなトラブルなく平凡に終わることを願いながら仕事をしている間もね。

僕は、株式投資を始めてから少し笑顔が増えてきた気がする。通勤電車の中や仕事しているときも、ほかのサラリーマンより笑顔が増えた気がする。

だって、もしかしたら僕は将来、株で〇億円稼ぐかもしれいない。そうなったら、仕事を辞めて「サラリーマンが株で〇億円を稼ぐ」なんて本でも書こうと思う。

株式投資を始めてから、そんな夢というか妄想が出来るようになったんだ。

今、生きているという現実がイケてないんだ。だから、せめて妄想の中くらいは希望を持って生きていたいじゃん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました