なぜ学校で勉強するのか、その必要性を理解するために小学生・中学生・高校生に読んで欲しい漫画

勉強の画像 勉強

学校の勉強って将来何の役に立つの?

そもそも、なぜ勉強する必要があるの?

その答えは「暗殺教室」を読めば分かるよ。

この漫画には、なぜ学校で勉強する必要があるのか教えてくれるよ。また、勉強のこと以外にも、社会との付き合い方も教えてくれるよ。

 

小学生や中学生、高校生のときに読んでおいた方が良いと言える漫画だよ。

「暗殺教室」とは

「暗殺教室」(あんさつきょうしつ)とは、松井優征が書いた漫画作品だよ。

 

この漫画は、週刊少年ジャンプにて2012年31号から2016年16号まで連載されており、単行本として全21巻発行されているよ。

「暗殺教室」(あんさつきょうしつ)とは、松井優征が書いた漫画作品である。

その内容は、

ある日突然、進学校「椚ヶ丘中学校」の成績・素行不良者を集めた3年E組の元に防衛省の人間と、異形な姿をした謎の生物がやって来た。

マッハ20で空を飛び、月の7割を破壊して常時三日月の状態にしてしまった危険な生物は「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」ことを宣言したうえ、「椚ヶ丘中学校3年E組」の担任教師となることを希望した。

意味の分からない要望に政府は戸惑いつつも、3年E組の生徒に「謎の生物の暗殺」を依頼。生徒たちは最初こそ戸惑うが、「成功報酬:100億円」のために殺る気を出す。

その生物=殺せんせー(ころせんせー)の存在とその目的を把握しているのは日本をはじめ各国の首脳陣といったほんの一部の人間のみで、「殺せんせーの存在や殺せんせーの暗殺に携わっていることを、家族を含めた第三者へ絶対に口外してはならない。

口外した場合は“記憶消去処置”を施される」「殺せんせーは、3年E組の生徒に絶対に危害を加えてはいけない。

ただし、その家族友人は対象外」などの様々な決まりの下に生徒達は殺せんせーを様々な手段で暗殺しようと試みるが、毎回殺せんせーの素早さと予測不能の行動で阻止され、逆に殺せんせーによる手入れを受けることになってしまう。

しかし、いざ授業が始まってみると暗殺者と標的という異常な状況ながら、多くの生徒たちは殺せんせーの指導と手入れによってこの暗殺教室を楽しみ、今までの「学校中から差別された底辺学級」としてではない前向きな学校生活を送るようになっていく。

その一方、生徒の他にも殺せんせーを暗殺するため、世界中から暗殺者が送り込まれてくるのだった。

Wikipediaより

ちなみに、この漫画は週刊少年ジャンプにて2012年31号から2016年16号まで連載されている。少年ジャンプに連載されていただけあって、読んでいて普通に面白い漫画だ。

中学校を舞台に、落ちこぼれの生徒達と先生という役割で「勉強の必要性」「社会との付き合い方」「人との絆・友情の大切さ」を堅苦しくなることなく、とても楽しく教えてくれる。

また、松井優征は「この漫画を描き始めた時から、最終回の場面をはっきり見据え、はっきりと目指し書いてきた」と言っており、その宣言通り、終わり方が非常に良く感動出来ること間違いのない作品である。

ちなみに、この漫画を原作とした映画も存在するが、僕は漫画の方を圧倒的にお勧めする。理由は単純、漫画の方が圧倒的に面白いからだ。映画より漫画の方が、話の進め方や展開・主人公を含めキャラの雰囲気が圧倒的に良い。

それでも、動画派だと言う人は映画で「暗殺教室」を楽しんでも良いのではと思う。

学校で勉強する必要性とは

学校で勉強する意味は、将来の選択肢を広げるためだよ。

何のために学校で勉強するのか?学校の勉強が、自分の将来にどんな風に役立つのか?

この答えを知ることもなく僕は社会人になったのだが、ふと電車の中で社会人時代に読んでいた漫画にその答えがあった。

良い学校は目指して損はない

将来の選択肢が広がりますから

暗殺教室 18巻より

僕は学校であまり大した勉強をしてこなかったので、学歴がとても悪い。この良くない学歴のため、就職をしようと就職活動を始めた際に、なれる職業や働きたい会社など選択の幅はかなり限られることになった。

このときに「将来の選択肢を広げる」。このことが、学校で勉強する上で、重要な意味をもっているのだと僕は改めて感じた。ただし、この「暗殺教室」では何が何でも勉強して良い学校を目指せとは書いてない。

例えば、美術や写真が好きで、将来、画家や写真家を目指している生徒に対しては、少し学力レベルの下げた高校に進学することを進めている。その理由は高校では、勉強より大好きな美術や写真に時間をさけるようにするためだ。

僕が、僕自身の経験と、この「暗殺教室」を読んで思ったことは、将来の夢がない、やりたいこと・なりたい職業がぼんやりしている小学生や中学生・高校生は、学校の勉強を頑張るべきであるということだ。

なぜなら、自分の夢や、やりたいこと・なりたい職業が明確に定まったときに、学歴のせいで、その夢や職業の選択を諦めなければならない可能性がでてくるからだ。

時間は平等、出来るだけやり直しのない人生を

時間は有限だよ。

出来るだけ回り道しないほうが、人生は有意義に過ごせるよ。

自分の夢や、やりたいこと・なりたい職業がはっきりしたが、学歴が邪魔をして、その夢や職業につけなかったとする。その際には、学び直すというのも1つのやり方かもしれない。

ただし、時間は誰にとっても平等で有限である。出来れば、回り道することのない人生の方が有意義であると僕は思う。特に学生時代に勉強をサボった理由での回り道についてはね。

もし将来の夢や、やりたいこと・なりたい職業がぼんやりしていて、勉強もやる気がでないという小学生や中学生・高校生は「暗殺教室」を読んで欲しい。そして、なぜ勉強するのかを知り後悔のない人生を歩んで欲しい。

また、「暗殺教室」では勉強の必要性だけでなく、社会で生きていく上で大事なことを教えてくれたので紹介したい。

社会との関わり方について

「暗殺教室」では、勉強の必要性以外にも社会との関わり方を学ぶことが出来るよ。

小学校や中学校・高校の授業では、あまり教えてくれないことだよ。

社会に出ると自分の意見や思いが、理不尽なことを含め様々な要因によって通らないことが多々ある。「暗殺教室」では、その時どのように対応すれば良いのか。

そのことを、以下のように語っている。

君たちはこの先の人生で、強大な社会の流れに邪魔をされて望んだ結果が出せないことが必ずあります。その時、社会に対して原因を求めてはいけません。社会を否定してはいけません。

それは率直に言って、時間の無駄です。そういう時は「世の中そんなもんだ」と、悔しい気持ちをなんとかやり過ごして下さい。やり過ごした後で考えるんです。

社会の激流が自分を翻弄するならば、その中で自分はどうやって泳いでいくべきかを。やりかたは学んだはずです。

このE組で、暗殺教室で

暗殺教室 20巻より

小学校、中学校・高校では、決まったルールに沿って出来るだけの範囲で、自由や平等・個人の存在を尊重してくれる。でも、社会に出てみると小学校、中学校・高校のような自由で平等な世界はほぼない。まして、個人を尊重して扱ってくれるなんて稀だ。

少なくとも僕が見て来た社会は、そうであった。このような世界で社会人として働いていた頃の僕は、『社会に対して原因を求めていた』『社会を否定しいた』ことが多かったのではないかと後悔している。

でもそういったことは、「暗殺教室」にあるように時間の無駄だったのだ。そんなときは「理不尽を受け入れて、どのように対応するのか」ということに集中すべきであった。

社会人になって「暗殺教室」を読んで、僕はそのことを改めて学んだ。

人との関わり方を知れば、簡単に解ける問題

この社会は自分だけでなく、能力や才能も違う人々がいて成り立っている。そんな社会の在り方に気付かせてくれる問題が「暗殺教室」に出題されているよ。

「暗殺教室」には、面白い問題が出題されている。中学生の知識で解けるけど、大学受験レベルの問題だ。

暇があれば、問題を解いてみて欲しい。


出典:暗殺教室 14巻より

この問題は、「暗殺教室」の世界観が良く表されている問題である。そして、この問題の回答には「人との絆・友情の大切さ」が込められている。

答えを知ると、何だそういことかと思うほど簡単である。だた、この問題をある生徒が解くのだが、その過程がとても面白い。

答えが気になる方は、「暗殺教室」を本屋で手に取って確認してみて欲しい。

まとめ

「暗殺教室」では、学校での勉強の必要性を教えてくれるよ。

また、勉強以外にも社会との関わり方も学べるよ。

「暗殺教室」では、将来の選択肢を広げる意味で勉強の必要性を教えてくれる。そして、理不尽な社会との関わり方も教えてくれる。僕は、社会人になって「暗殺教室」を読んで、そのことを改めて気付き学ぶことが出来た。

社会人になってからでなく、小学生や中学生、高校生のときに「暗殺教室」を読んで学んでおきたかったと後悔している作品である。もし、あなたが小学生や中学生・高校生なら、勉強の必要性や社会との関わり方を学ぶ上でも「暗殺教室」を読むことをお勧めする。

とても面白く、今後の人生の糧となる漫画だ。ぜひこの漫画を読んで、青春時代を有意義で楽しい時間になるよう過ごして欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました