仕事以外に生きる価値って何があるのかい?

オフィスで仕事をしている女の人 仕事

「小人閑居して不善をなす」って諺があるじゃない。

小人物が暇を持て余すと、とかく悪事に走りやすいって意味なんだけど。

僕みたいな何の取り柄もないダメ人間は、本当は仕事をして暇を潰すべきだと思う。

でも、仕事って暇つぶしでやれるほど甘くないよね。

僕は今、仕事をせずに投資でご飯を食べている。

僕の投資方法は株を長期で持つって奴なんだけど、この投資方法は自分の時間だけはたくさん持つことができるんだよね。

だから、暇を持て余すことが多い。

このままじゃ、この諺みたいに僕はいつか悪事を働くんじゃないかっていう想いが、心の片隅に募るんだよね。

仕事以外に生きる価値とは

仕事以外に生きる価値って何があるのかい?

「生きている価値は社会貢献やいかに人に役に立つかだと思う、その満足度って好きなことだけじゃ得られない」と、若者に対してあるテレビタレントが語り掛けていた。

この言葉は、若者じゃないけど僕の胸に突き刺さった。

僕は投資でご飯を食べているけど、投資をしていて社会貢献や人の役に立っているなんて感じたことはない。

投資が社会貢献や人の役に立つという側面も一部はあると思うのだが、間接的すぎるのか僕には何も感じない。

だから僕は、世間の投資家についてすごいなぁとは思うけど、社会貢献やいかに人の役に立つという側面から見れば何の貢献もしていない人たちじゃんって思ってしまう。

僕のサラリーマン時代

僕がサラリーマンをしていた頃を思い出してみると、社会貢献や人の役に立っているという実感は今よりかはあった。

僕は派遣社員として大手企業のシステム開発をする仕事をしていた。

僕が作るシステムというか機能は、大手企業のシステムのほんの一部のとても小さな歯車みたいなものだ。

小さな歯車なので、本当にシステムに役に立っているのか分からないのだけど、システムが完成すればお客様にありがとうと言って貰えるし、そのありがとうの言葉は本当に嬉しかった。

でも、システム開発特有のプレシャーや人間関係、自分の時間が持てないもどかしさ、何よりシステム開発自体の仕事が楽しめなくなってきたので、僕は仕事を辞めることにした。

僕が生きていく上での価値観とは

僕が生きていく上で大事にしている価値観は、楽しいか楽しくないかだ。

僕がしてきたシステム開発の仕事では、社会貢献や人の役に立っているという自覚を味わうことは出来たのだが、仕事自体を楽しむことが出来なくなった。

システム開発の仕事をするより、まだ株式投資をしている方が楽しいのだ。

だから、僕はシステム開発の仕事を辞めて、マネーゲームの世界に入り込んだ。

そして、社会貢献や人の役に立っているということを味会う機会を失ってしまった。

僕はいつか、仕事に就きたいと思っている。

心から楽しめる仕事で、社会貢献や人の役に立っているという自覚が出来る仕事をだ。

そんな仕事あるのだろうか?

もしそんな仕事につけている人が居れば、本当にうらやましいと思う。僕なら給料が低くても、そんな仕事があるなら喜んで働いてみたいと思う。

幸いなことにお金を稼ぐ方法について、給料を得る方法以外にもあることを僕は知ることが出来たしね。

でも、そんな仕事僕には見つけることが出来ないかもしれない。

そんな時は、暇を持て余しながら悪事を働かないように自分を律し、社会貢献や人の役に立っているという自覚を味会うことがないままひっそりとこの世から去ろうと思う。

悲しくて嫌になっちゃうけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました