株式投資は地味でダサい奴がやるものだ

窓から外を見る暗い人

若い人は株式投資をしているだろうか?

ある所の調査によると20代で株式投資をしたことのある人は、10人に1人くらいだと書いてあった。

なぜ、若い人は株式投資をしないのだろう。

お金が無いのだろうか?

でも、今の世の中では、数百円で株式投資が始められる。

多分、単純に株式投資はダサいんだろうな。

だって、ファッションやコスメ、旅行や食事、音楽やゲームなどオシャレで楽しいこには多額のお金をつぎ込むじゃん。若い人たちは。

でも、今の世の中では20代は若くないのかもしれないけどね。

株式投資はダサい

テレビや雑誌、ネットなんかで株式投資している人が紹介されることがあるけど、大体が暗い感じがしてダサい人が多い。

時々、馬鹿みたいに陽気な株式投資家もいるけど、そういう奴はものすごく胡散臭い。

カッコ良くて、オシャレな株式投資家っているのかな?

残念だけど、僕は見たことはない。そんなんだから、若い人が株式投資に興味がなくても仕方ないと思う。

ちなみに僕は株式投資を始めて十数年のキャリアを持っているけど、ダサくて胡散臭いと人からよく言われる。ダブルパンチってやつだね。

株式投資で資産を築くなら

もし、株式投資を始めたいという稀有な人がいたとして、株式投資を勉強した場合、行き着く答えは「全世界株式インデックス」になるだろう。

「極度に分散された株を、ものすごく安い手数料で購入・運用し、売却することもなく、毎月・毎年ひたすら買い続ける」ことが、平凡な個人が株式投資で資産を築く方法である。

「全世界株式インデックス」以外の方法で、株式投資で利益を上げている個人の投資家は世の中に山ほどいるが、そのほとんどは数年後に存在が消えている。

たくさんの利益を上げてのリタイアなら良いのだが、ほとんどは損失を抱えて株式市場から退場している。

ちょっと勉強すれば、そんな失敗はすることないと思うのだが、何と言うか人間っていうのは難しいものなのかな。

インデックス投資の地味さ

「全世界株式インデックス」は、長い目でみたら年間7%の利回りがあると言われている。

ちょっと前に、老後2千万円必要だという話題があった。

もし、老後2千万円を貯めようと思って「全世界株式インデックス」を始めたとしよう。

仮に、毎月1万円ずつ「全世界株式インデックス」で積み立て投資を行った場合、37年積み立てを行い続けることで2千万円の資産を築くことが出来る。

裏を返して言えば、毎月1万円ずつ積み立てが行える環境の仕事を見つけて、37年間働き続ければ老後2千万円問題は地味に解決出来るということだ。

また、当たり前だが「全世界株式インデックス」に投資したとしても短期で見れば損失が発生することもありうるだろう。

時にはマイナス20%という損失が発生することもあるだろう。

でも、心配しなくて良い。「全世界株式インデックス」以外の投資方法で、株式投資をやっている人はそれ以上の損失を出している。

「全世界株式インデックス」投資というのは、傷は浅く、毎月積み立てていく内に回復していくものなのだから。

ちなみに、ちょっと前に「1億円持っていれば株で勝つことが出来る、株は金持ちが勝つものだ」と豪語していたコラムニストが、株式投資を行う企画が雑誌であった。

そのコラムニストは、個別株を頻繁に売買することで利益を得ようとしたが、結果は惨敗であった。「全世界株式インデックス」のリターンに全然届かないほどにね。

でも、そのコラムニストは株式投資の失敗をネタに、雑誌のギャラを得ていたのだから「試合に負けて勝負に勝つ」といった感じなのかな。失敗は金になるっていうしね。

株式投資は地味でダサい

個人が株式投資で財を築くなら「全世界株式インデックス」以外にない。

「全世界株式インデックス」で財を築くなら、長期間積み立てる必要がある。毎月1万円ずつ37年間積み立てたら、2千万円の資産を築くことが出来る。

でも、こんな投資をしていたら、性格は暗く地味でダサくなる。で、時々頭を壊して陽気になったりすると思わないかい?

コメント

タイトルとURLをコピーしました