株の勉強

将来の株主資本(BPS)を予想して現在の株価が割安か割高かを判断する方法

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットは、株価が割安か割高かどうかを判断するためにどのようにしているのだろうか? 「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」の本で、将来の株主資本(BPS)を予想して現在の株価が割安か割高かを...
株の勉強

バフェットに学ぶ「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業の4つのタイプとは

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットは、企業分析をする際に「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業と「コモディティ型」企業に分けた。 「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業とは、ブランド価値の高い企業...
株の勉強

バフェットに学ぶ「消費者独占型」企業を見分けることができる8つの基準とは

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットは、企業には2つのタイプが存在していると言っている。そのタイプとは「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業と「コモディティ型」企業だ。 そして株式投資で成功するためには「消費者...
株評価

2020年に購入した株の成績を確認してみた(2022年のはじめ)

僕が2021年に取引した株の成績は11%(配当金のリターンは除く)であった。この成績は、日本株のインデックスファンドとほぼ同等で、アメリカや全世界株のインデックスファンドの成績には遠く及ぼないものであった。 では、僕が2...
株評価

2021年に購入した株の成績を確認してみた(2022年のはじめ)

僕の2021年の株式取引履歴は、46銘柄を購入し1銘柄を売却であった。 ちなみに売却した銘柄はニチリンだ。売却理由も、株式併合により僕の持ち株は単元未満株となってしまい強制的に売却となってしまったものだ。そういう意味では...
株の勉強

株式投資するのなら「消費者独占型」企業の株を購入しよう

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットは、企業分析をする際に「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業と「コモディティ型」企業に分けた。 「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業とは、ブランド価値の高い企業...
株の勉強

株式投資で成功したいのなら「コモディティ型」企業を避けるべきである

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットは、コカ・コーラやGEICO、ワシントン・ポストなど「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業に投資して大儲けした。「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業とは、ブランド価値...
株の勉強

インデックスファンドを上回る成績を残したいのなら「株式投資の未来」を読もう

全世界株式に投資できるインデックスファンドとして有名なものとして「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」というものがある。このインデックスファンドは、過去10年で年率約16%のリターンを叩き出している。 年率約1...
株の勉強

インデックスファンドの成績を超えるための株式ポートフォリオとは?

インデックスファンドの成績を超えることはできないのだろうか?世界でも有名なフィナンシャル分野の教授であるジェレミー・シーゲル博士は、著書である「株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす」で以下のポートフォリオを勧めている。 ...
株の勉強

高齢化の波が押し寄せる日本で、何に投資するのが良いのだろうか?

高齢化の波が押し寄せる日本で、何に投資するのが良いのだろうか? 世界でも有名なフィナンシャル分野の教授であるジェレミー・シーゲル博士は、著書である「株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす」でインフレヘッジ型債券が、もっと...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました