株の勉強

株の勉強

ベンジャミン・グレアムの投資方法

「バリュー投資の父」と呼ばれるベンジャミン・グレアムの投資方法は、こんな感じだったらしい。 バリュー投資の実践を始めた頃の彼は、保有キャッシュ額の半値以下で取引されている企業の発見に全力を注ぎ込んでいた。言葉を換えるなら、株式時価総額の2倍...
株の勉強

キャッシュフロー計算書から永続的競争優位性をもつ素晴らしい企業をみつけよう

株式投資で成功するためには、財務諸表の1つであるキャッシュフロー計算書のどこを見れば良いのだろう? 「史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール」の本から、キャッシュフロー計算書のどこを見れば判断で...
株の勉強

貸借対照表から永続的競争優位性をもつ素晴らしい企業をみつけよう

株式投資で成功するためには、財務諸表のどこを見れば良いのだろう? とういことで前回は、損益計算書から永続的競争優位性を持つ企業の見つけ方を紹介した。 今回は、貸借対照表から永続的競争優位性を持つ企業の見つけ方を紹介したい。 ただ、僕自身も会...
株の勉強

損益計算書から永続的競争優位性をもつ素晴らしい企業をみつけよう

株式投資で成功するためには、財務諸表のどこを見れば良いのだろう? 僕自身も投資する会社に対して財務諸表を見ている。でも、ただ眺めてるだけでポイントがある訳でもない・・ 株式投資で成功するために、もう少し見るべきポイントなどを知りたい。そんな...
株の勉強

長期間なら株式投資が王道である

運用方針の中で最も重要な要素は、資産配分、特に株式と債券の配分比率だ。最近の調査では、リスクと収益率のトレードオフは、「時間」の取り方に強く影響されることが示されている。(中略)株式・債権比率は、5年の場合は60対40、10年では80対20...
株の勉強

個人投資家は、下げ相場で慎重になりすぎ、上げ相場では強気になりすぎる

2020年のコロナ騒動や2008年秋の大暴落時、あなたはどのように行動しただろうか。自分が決めた通りに行動できたか、それともある程度株を売ってしまっただろうか?この対策としては、図書館に行って、1992年秋、1987年秋、ITバブル時代、2...
株の勉強

長年よいと信じてきたことをやめることは難しい

現実を受け入れることは必ずしも容易ではない。自分の利益に反することや、長年よいと信じてきたことをやめること、また自分と同じ考えの人が多くいる時に、現実を受け入れることは特に難しい。多くのアクティブ・マネージャーがインデックス運用に反対する背...
株の勉強

ときどき売却する人の利回りは、ただ持ち続けている人と比べて低い

長い目で見れば、株式市場は投資家が売った後もほぼ同じ水準で推移する。だから、ときどき売却する人の利回りは、ただ持ち続けている人と比べて低い。 「敗者のゲーム」より引用 市場に勝ち続けることの困難さとインデックス投資の有効性を指摘した投資コン...
株の勉強

「敗者のゲーム」となった株式市場

機関投資家は、取引所の取引の99%を占める。運用機関の数が膨大で、能力も高く、顧客のために質の高いサービスを提供するからこそ、資産運用が敗者のゲームとなったのだ。アクティブ運用の手数料などのコストや、大型取引による売却価格への影響などを差し...
株の勉強

株式投資で成功したいのなら、市場に勝とうとしないことが一番よい方法だ

テニスの試合を例に取り、アマチュアは相手に負けるのではなく、自分のミスで自滅することが多い。(中略)投資も同じであり、市場に勝とうとしないことが一番よい方法だ。すべての株式に投資するインデックス・ファンド(投資成果が特定の市場平均指数に連動...
スポンサーリンク