株取引

日経平均が1年3カ月ぶりの安値つけるなかで、「ディア・ライフ」株を購入してみた

2022/02/24、日経平均は1年3カ月ぶりの安値を付けることになった。この安値の理由は、ロシア軍がウクライナの軍事施設へミサイル攻撃を開始し、ウクライナ情勢がさらに悪化するとの見方が広がったからだ。 こんなときに、僕みたいな凡人...
株取引

日経平均が4営業日続落しているが、国内首位の屋外作業機メーカー「やまびこ」株を購入

2022/02/22の日経平均株価は4営業日続落となり26,449.61円で終了した。また日経平均が続落している理由としては、ウクライナ情勢の悪化を受けて、リスク回避の売りが先行しているためだと言われている。 今後どれくらい日経平均...
株の勉強

内部留保の再投資がどれくらいの収益率(リターン)を実現しているのか確認する方法

企業が稼いだ利益をどのように使うのかは、主に経営陣が判断することである。 だが稼いだ利益を内部留保として再投資するのであれば、ある程度高い収益率(リターン)を実現してくれなければならない。なぜならば、内部留保による再投資の収益率が低...
株の勉強

利益成長が本業によるものなのか財務操作なのかを確認してみよう

株式投資で成功したいなら、利益が成長している会社に投資をする。これが基本だと僕は考えている。だが、利益というのは財務操作で生み出すことも可能らしい。 株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットの投資手法が記載された「億万長者をめ...
株の勉強

株で儲けるためには、積極的に自社株買戻しを行う企業に投資するべき

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットは、株主になった企業に対して配当よりも自社株買戻しを行うように働きかけている。その理由は、以下の通りだ。 A社が同じ資金を自社株買戻しでなく、配当として支払ったらどうなるだろうか。この場...
株の勉強

EPS成長率から株式投資の期待収益率を計算する方法

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットの投資手法が記載された「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」という本の中で、EPS成長率から期待収益率を計算する方法が載っていた。その計算方法とは以下の通りだ。 ①過去のEPSからE...
株の勉強

将来の予想1株当たりの利益(EPS)を算出して期待収益率を計算する方法

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットは、将来の予想1株当たりの利益(EPS)にもとづいて予想株価を求め、期待収益率を計算していると言われている。その方法について「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」という本に記載されていたの...
株取引

日経平均が1年2カ月ぶりの安値水準になったので「タマホーム」の株を購入してみた

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット、彼の投資アイデアや手法が書かれた「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」の本に、株の絶好の買い時について書かれていた。 悪材料減少には次の4つのタイプがある。・相場全体の調整や暴落・...
株の勉強

将来の株主資本(BPS)を予想して現在の株価が割安か割高かを判断する方法

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットは、株価が割安か割高かどうかを判断するためにどのようにしているのだろうか? 「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」の本で、将来の株主資本(BPS)を予想して現在の株価が割安か割高かを...
株の勉強

バフェットに学ぶ「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業の4つのタイプとは

株式投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットは、企業分析をする際に「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業と「コモディティ型」企業に分けた。 「消費者独占型(コンシューマー・モノポリー)」企業とは、ブランド価値の高い企業...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました