株はどのようなタイミングで購入するのがベストなのだろうか?

株の本のイメージ(2022年)株の勉強

株はいつ買うべきなのだろうか?株を買うタイミングについて、ハイテク株などの成長株投資で有名なフィリップ・フィッシャーは以下のように述べている。

私は、賢い投資家が正しい株を見つけたと確信したときは、すぐに買うべきだと思っている。ただし、私の勧める買い方は、それ以降の買いのタイミングを調整する必要がある。つまり、手持ちの資金を一回で投入せずに、数年間かけて計画的に買っていってほしいのだ。

「株式投資で普通でない利益を得る」より抜粋

正しい株を買って十分に長い期間保有すれば、たいていは大きな利益をあげることができる。だが、株をタイミングを間違ってしまうと長期間保有しても利益を上がることは出来るが、利益率はずっと低くなるとフィッシャーは述べている。

だからこそ、正しい株を見つけた場合でも数年間かけて計画的に購入することが大事なのかも知れない。

日本たばこ産業(2914) ※通称JT

僕は2022年3月にJTの株を買い増した。JTは良い会社であり、株式投資するのに十分に値する企業だと思っているからだ。

もともとJTは2020年から株を購入し始め、少し株価が下がり始めるとコツコツ買い増ししている銘柄となっている。2022年3月にJT株を買い増ししたときも、ロシア・ウクライナ情勢の悪化でロシア市場の影響悪化を懸念して株価がダダ下がりとなっていた。僕は、JTは良い株だと思っているし長期的にみたら十分に立ち直る可能性が高いと考えているので株を買い増しすることにした。

そういった感じでJT株をコツコツ買い増していたら、今では600株保有で平均取得単価は2,030円となっている。

僕が保有しているJT株は、結果的には上記でフィッシャーが述べている「手持ちの資金を一回で投入せずに数年間かけて計画的に購入」している銘柄となっている。

株をタイミングを間違ってしまったかも知れないが、時間を分けて購入したことで長期的には高い利益率を叩き出してくれる銘柄となってくれることを祈りたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました