不動産投資に対して否定的な理由

ビジネス書、経済・経営ビジネス書、経済・経営

前回の記事で「お金が貯まるのは、どっち!?」という本を紹介した。

この本では不動産投資を強くオススメしていたのだが、僕は不動産投資には否定的な意見を持っている。今日は、その意見を書いてみたい。

不動産投資のリスク

僕が不動産投資に否定的な大きな理由は、レバレッジ(借金)を使った投資になるからだ。このレバレッジ(借金)は最悪の場合、今後の人生で二度と立ち上がれないダメージを負うことになってしまう。

レバレッジ(借金)を使わない不動産投資なら僕は大いに賛同するのだが、一般的なサラリーマンが不動産に投資しようとする際の多くは不動産ローンというレバレッジ(借金)を使って投資することになる。

これは、最悪の最悪で不動産投資に失敗したときはレバレッジ(借金)を利かした分だけ借金を背負うことになってしまう。この借金が大きければ大きいほど今後の生活に対して致命的なリスクとなる。

これが株式投資ならば自分の投資した分だけの損となる。最悪の損失額が致命的なリスクとならないことが、僕が株式投資を好む理由の1つである。

不動産投資のリスクを避ける

不動産投資のリスクを避けるために、投資家が出来ることはたくさんある。投資する不動産が本当に価値があるものなのか見分ける事や、火事や地震に対して保険をたくさん掛けておくという事もその1つだろう。

そうすれば、不動産投資で失敗する可能性は低くなる。こうした方法は自分である程度コントロール出来るものだが、自分でコントロールできないリスクというものが不動産投資には潜んでいると僕は考える。

例えば、僕が京都のある町にとても良いアパート見つけて不動産ローンを組んで投資したとしよう。このアパートは、掘り出し物で今後大きな収益が見込めるものだ。

「よし、これで老後は家賃収入で安泰だ」と僕は思った。だが、僕の投資したアパートの近くに巨大な資本を持つ不動産投資グループがこの町のシェアを広げたいと考えて、物量作戦で来たとしたらどうなるだろう。

この町の家賃価格は下がりに下がり、僕が上手く行くと思っていた投資は失敗に終わり大きな借金だけが残ってしまう結果となる。

このリスクを避けるには、不動産を各地に複数・分散して持つのが1番なのだが僕の稼ぎでは複数持つほど不動産ローンを組むことが出来ない。

弱い存在で大きな敵がなりふり構わず来た場合、食われる立ち場になることがあるということは不動産投資をする上で頭に入れておく必要があると僕は考えている。

REITに投資をすれば良い

不動産に投資をしたいと思っている人がいれば、REIT投資すれば良い。だが、僕的にはREIT投資するよりかはREITを運用している親会社の株式を購入する方が良いのではと考えている。

「不動産をできるだけ安く買いたいリート」「そのリートの運用をおこなう運用会社」「不動産を高く売りたい運用会社の親会社」という関係の中で、ある程度公正なルールは決まっているのだろうが利益相反が起こる可能性は否定できない。

その場合、やはり親会社というのが1番立場が強く利益をかっさらっていくだろう。それに乗りたければ、親会社の株式を購入するのが良いのではと僕は思ってしまう。

不動産投資はオススメなのか

不動産投資に関して、いろいろ書いたが僕は机上で学んだの生半可な知識しか持っていない。その知識から出した答えとして、今は不動産投資をしようとは考えていない。

僕が言えることは、不動産投資に関してこれからも勉強を続けていく価値はあるということだ。引き続き勉強を続けていつか色々な疑問が払拭されたら、僕は不動産投資に意気揚々と挑戦してみたい。

僕が言えることは、不動産投資に関してこれからも勉強を続けていく価値はあるということだ。引き続き勉強を続けていつか色々な疑問が払拭されたら、僕は不動産投資に意気揚々と挑戦してみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました