高配当銘柄の長谷工、日本郵政、ゆうちょ銀行の株を購入

株取引株取引

2020/11/20に以下の株を購入。

  • 長谷工(1808)
  • 日本郵政(6178)
  • ゆうちょ銀行(7182)

長谷工(1808)

1,165円で100株購入。
購入時の予想PER:7.0倍、実績PBR:0.88倍、ROE(実):15.86%

マンション建設トップの準大手ゼネコン。

購入時のコメント

PER:7.0倍、実績PBR:0.88倍と割安な指標を示していること。また、配当も5.8%越えと高い。
なにより分譲マンション施工に関して、国内マンションの約1割を建設、首都圏では35%強・近畿圏では20%強のシェアという企業の強さに惹かれて購入。

日本郵政(6178)

823.9円で100株購入。
購入時の予想PER:9.8倍、実績PBR:0.25倍、ROE(実):3.99%

日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険を傘下とする日本郵政グループの持株会社。

購入時のコメント

世界最大規模の金融グループであり、配当も6%越えと高いため購入。

ゆうちょ銀行(7182)

899円で100株購入。
購入時の予想PER:12.5倍、実績PBR:0.31倍、ROE(実):2.69%

日本郵政グループの銀行子会社であり、総資産世界トップクラスの巨大銀行。預貯金額は国内最大。

購入時のコメント

総資産世界トップクラスの巨大銀行であり、預貯金額は国内最大という企業の強さ。
また、配当も5.5%越えと高い水準ということもあり購入。

まとめ

長谷工・日本郵政・ゆうちょ銀行というどれも手堅く大きな企業の株を買った。

あおぞら(8304)、グランディ(8999)、三機工業(1961)の企業の株も買おうかなと思ったのだが、自分の資金面や企業のブランド力・財務状況を比較して今回は長谷工・日本郵政・ゆうちょ銀行の株を購入した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました