「お金が貯まるのは、どっち!?」を読んだ感想

ビジネス書、経済・経営 ビジネス書、経済・経営

僕は株式投資が好きなので株に関わるものなら、ちょっと内容が固めな「賢明なる投資家」から「〇〇が1日10分で100万稼ぐ株の取引」みたいなスピリチュアル的なものまで読むようにしている。

それと同じくらい「お金」についての本も読むことが多い。お金に関する本の中で「お金が貯まるのは、どっち!?」というものを読んだので、どういう人がこの本を読んだ方が良いのか感想を書いてみたい。

「お金が貯まるのは、どっち!?」の感想

この本は、今はサラリーマンをしているが将来起業を考えている人・不動産投資をしてみたいとボンヤリとだが考えている人にオススメしたい本である。

この本を読むことで、起業・不動産投資について今はボンヤリとしているイメージに対して、どのようにすれば良いのか少しはっきりとした輪郭を描くことができる。

また、この本は「長財布と折りたたみ財布、お金が貯まるのはどっち?」みたいに筆者の経験から導き出した回答も載っている。

ちょっとスピリチュアルが入っているのかな?と僕は思ってしまったが、こういった事に興味がある人も読んでみても良いと思う。

「不動産」を強くオススメ

この本の筆者はアパート経営に力を入れており、6棟のオーナーとして年間7,000万円の不動産収入を得ている。

そのおかげもあって、「お金が貯まるのは、どっち!?」ではそれなりのページを不動産に関して割いている。

持ち家や不動産ローン、不動産投資など知識が全くないが少し興味がある人にもオススメできる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました