急遽、高配当TOPに躍り出たコニカミノルタ。そして、ENEOSの株を購入

株取引 株取引

2020/10/30に以下の株を購入。

  • コニカミノルタ(4902)
  • ENEOS(5020)

コニカミノルタ(4902)

264円で100株購入。
購入時の予想PER:–倍、実績PBR:0.26倍、ROE(実):-0.57%

情報機器メーカー。液晶TACフィルム世界シェア3割。

購入時のコメント

配当9.4%超えと急遽、配当利回りTOPに躍り出てきたコニカミノルタ。
3万弱と安く買えることと、聞いたことのある企業名、面白そうな感じがした直感を信じて購入。

ENEOS(5020)

350.1円で100株購入。
購入時の予想PER:28.2倍、実績PBR:0.50倍、ROE(実):-7.47%

日本を代表するエネルギー・資源・素材企業グループ。国内シェア5割の石油元売り首位。

購入時のコメント

予想PER:28.2倍と割高だが、石油元売り国内シェア5割という圧倒的な強さ。
また、配当も6%超えも魅力的であったので購入。

まとめ

急遽、高配当TOPに躍り出たコニカミノルタをなんとなく購入。

あとで、財務を見てみると赤字が2期連続で続く想定だが現時点で立ち直れないほどのダメージではないと判断。
ただ、この感じがあと2,3年続くと確実に立ち直れなくなると思われる。

せっかく購入した株なので、落ちるならトコトン落ちても構わないので最後まで様子を見てみたい。
東証一部の倒産、上場廃止確率はたぶん1%もないはず。その確率を引き当てることが出来るのか含めて楽しみな株です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました