青山商事、AOKI、コナカ、紳士服会社の株を買うのならどれがいいのか?

銘柄検討銘柄検討

前回の記事で、11月下旬に配当利回り(予想)TOPに躍り出たコナカの株について購入すべきかどうかについて記載した。

コナカの株について調査している際に、コナカのライバル企業である青山商事、AOKIについて確認・比較調査してみたのでその内容を記載したい。

  • 青山商事(8219)
  • AOKIホールディングス(8214)
  • コナカ(7494)

紳士服販売チェーンの規模として国内TOPなのが青山商事で、次がAOKI、引き続いてコナカという順である。

また各会社のアパレル関連のセグメント比率は、青山商事のビジネスウェア事業は青山商事の売上全体の約69%、AOKIのファッション事業はAOKIの売上全体の約54%、コナカのファッション事業はコナカの売上全体の約94%を占める状態になっている。

コナカはほぼアパレル事業のみで売上を上げており、その点が青山商事・AOKIとの大きな違いであった。

紳士服会社の状況

青山商事・AOKI・コナカの3社とも、ここ数年売上・利益ともに右肩下がりでどの紳士服会社も厳しい状況であった。特にコナカに関して、ここ3年赤字が続いており非常に厳しい状態だ。

利益率に関しては、青山商事・AOKIは約3~5%と同じくらいであった。が、コナカに関してはアパレル事業に集中している業態のためか青山商事・AOKIよりもかなり低い状態である。

キャッシュフローに関しては3社ともに似たような状態だったが、営業キャッシュフローがここ10年で唯一マイナスがないAOKIがまだいい感じであった。

3社の中なら「AOKI」の株を買う

もし、青山商事・AOKI・コナカの3社の中でどれかを買わなければならないとするなら、僕は3社の中で1番キャッシュフロー状態が良かった「AOKI」を買うだろう。

ただしコナカは2020/09月で本決算が終わっているが、青山商事・AOKIについては2021/03月に本決算が行われる。

今年はコロナで色々荒れた状況だったので、青山商事・AOKIの本決算が終わった時点で、再度3社の決算結果を確認・比較してどの会社の株を買うのか決めた方が無難であると思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました