バフェットの銘柄選びの名言②「10年後も欲しいものをつくっている会社の株を買え」

本棚の画像株の勉強

前回の記事で、バフェットの名言について紹介した。

今回も、世界一の株式投資家と名高いウォーレン・バフェットが残した銘柄選びに関する数々の名言の1つを紹介したい。

10年後も欲しいものをつくっている会社の株を買え

ウォーレン・バフェットの銘柄選びに関して、以下の名言を残している。

10年、50年たっても欲しいとみんなが思うものをつくっているかどうか、これが私の投資判断の基準です。

「ウォーレン・バフェット成功の名語録」より引用

株を選ぶときに、売上や利益など業績面を重点的に見てしまう人は多いとおもう。だが、バフェットが言っているようにもっと単純に会社の事業を見るべきだと、この名言から学ぶことが出来る。

僕が株式投資を始めて数十年が経って、短期的に素晴らしい収益を上げて優良企業と持て囃されたが、5年・10年過ぎて収益に陰りが出て忘れ去られていく企業をたくさん見てきた。

本当の優良企業とは、地味なのかもしれないが一時的に持て囃される人気商品よりも定番商品を持っており、その定番商品が10年・20年・50年たってもみんなに愛され・欲しいと思っているものをつくっている企業だ。

そういった企業は、たくさんある上場企業でほんの一握りである。その、一握りの企業に投資すべきだとバフェットの名言から学ぶことが出来るだろう。

株を選ぶときには、売上や利益など業績面も確かに大事だ。だが、本当はその会社の事業や商品・サービスに注目し、その事業や商品・サービスが10年・20年・50年たってもみんなに愛されているかどうかという単純だが重要な判断基準が必要なのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました