11/20に購入した株を評価したら、ゆうちょ銀行・日本郵政の落ち込みがすごかった

株の評価株評価

2020/11/20に購入した3種類の株銘柄を、現時点(2020/11/30)でどうなっているのか評価してみた。

2020/11/20に購入した株の詳細は、以下のページを参照して下さい。

評価益の銘柄

なし

11/20~11/30で日経平均が約1,000円と値上がりしているなか、まさかの評価益銘柄はゼロ。株は短期で見るものではないが、それでもか銘柄選びに対して色々と反省材料がありそう。

評価損の銘柄

2020/11/20で購入した銘柄、評価損率の昇順。

  • ゆうちょ銀行(7182)
    評価損率:△8.6%、購入日:2020/11/20
  • 日本郵政(6178)
    評価損率:△6.2%、購入日:2020/11/20
  • 長谷工(1808)
    評価損率:△3%、購入日:2020/11/20

11/20~11/30の約10日の短期間で、ゆうちょ銀行・日本郵政の株価の落ち込みは想像以上にすごかった。

ゆうちょ銀行に関しては11/20に購入した時点の配当利回り(予)は約5.5%くらいだったが、今では約6%となっている。

特に大きなニュースもなくゆうちょ銀行の株価は下がっている状態なので、今後も株価がダラダラ下がる恐れはあるかもしれないが追加で購入していくことを検討したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました