ウォーレン・バフェットは神話なのか?「ウォール街があなたに知られたくないこと」

本棚の画像株の本

株式に投資するならインデックスファンドを購入することが最高の投資方法である。「ウォール街があなたに知られたくないこと」では、このことを強く打ち出している。

この本では投資の神様であるウォーレン・バフェットについても意見が述べられている。ウォーレン・バフェットは長期間、株式投資で莫大なリターンを得てきた人物だ。その人物の成績すら偶然の産物なのだろうか?

ウォーレン・バフェットは神話なのか?

「ウォール街があなたに知られたくないこと」では、ウォーレン・バフェットが好成績を挙げられている理由の1つとして以下のことを述べている。

通常バフェットは、単にある会社の株式を買って、あとはパッシブ運用するというやり方はしない。彼は、取締役の一員になることも含めて、自分が投資する会社の経営に影響力を行使できる役割を担うことが多い。つまり、バフェットの投資ポートフォリオのすばらしい運用実績は、彼の優れた経営手腕のお陰である可能性は高い。

「ウォール街があなたに知られたくないこと」より引用

「ウォール街があなたに知られたくないこと」に書かれているように、株式市場が効率的な市場で株価が常に公正な価格で取引されているとするならば。もしそうであれば、ウォーレン・バフェットように会社の経営に影響力を行使できる役割を担うようなことをしなければ株式市場で平均以上の成績を収めることは出来ないことになる。

僕の投資方法は単に株を購入してあとはほったらかしにしておくだけだ。会社の経営に口をだそうとも思わない。そもそも最低の単元株数しか購入していないことが多いので、経営に口をだす権利も無いに等しい。

僕みたいな消極的な投資家はわざわざ時間をかけて銘柄選びをすることは馬鹿げた行為で、「ウォール街があなたに知られたくないこと」に書かれているようにインデックスファンドに購入するやり方がベストな投資方法なのだろう。

でも、銘柄選びは株式投資をする上で非常に楽しい行為だ。この行為は一度やるとやめられないくらいの快感がある。この快感を得たいがために、株式市場の負け犬となるのは仕方がない。と思うのだが、少なくても株式市場から退場しないくらいの負け犬で吠えていたいものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました